...................................................................................................................................................................................................
2000年妃野アキラでデビュー。
ラジオ番組のパーソナリティやライブ活動、CDリリースなど勢力的に行い 
4th シングルがWOWOW連続ドラマの主題歌とTBS系TV「CDTV」のエンディングとなり話題を呼ぶ。

2003年1st ALBUM『プラグ』を発表。
― ROCKIN'ON JAPANコメント
「いってみれば、とてもヘルシーな姿勢でダークな世界を追求している人なのだ。
伸びやかで、かつヒリヒリしている ― それが妃野アキラの音楽のユニークさ。」
      

全国MINI STOP店内放送でコーナー番組を持ち、また九州FM局CROSS FM 北海道FM局NORTH WAVE さらにbay fmでも番組を持つ。
音楽フリーペーパー「music UP'S」ではコラムを連載。

2006年2nd ALBUM『虹色アンプ』ではプロデューサーに片岡大志を迎え、キラキラ輝くピアノポップアルバムを発表。

2007年 ピアノトリオバンド『クラプルーフ』結成。
=ベンフォールズの躍動感、キャロルキングの叙情性.....超アグレッシブ!かつグルービ!な1st album『Glissando』発表。

2008年 自由な音楽活動を目指しソロ活動開始。

2009年6月 代表作である『勇敢な鳥』を発表。
絵本を開くように、その場面の情景が浮かび上がるドラマティックなこの曲は
伸びやかで、かつヒリヒリしている ヒメノアキラの音楽スタイルを十分に表した曲となった。

またフリーライヴではちびっこ限定で『勇敢な鳥』の絵本冊子を無料配布。各地で反響を呼ぶ。

2010年 個人名義では3枚目となるフルアルバム『ハジマリのまばたき』をリリース。
ピアノを主体とした洋楽テイスト溢れるサウンドにまっすぐな言葉が胸に響く
ロックから弾き語りまで収録したシンプルで深いアルバムとなった。


同年、FM NACK5にて『ヒメノアキラのメル友は宇宙人!』というコーナーを担当。個性的なキャラクターにも注目が集まる。

2011年には渋谷O-WESTで、グランドピアノを持ち込んだ弾き語りワンマンライヴ『ピアノ1本勝負』を開催。
2012年は弦カルテットとエレクトロを融合した世界を展開。

また、映像と語りをコラボレイトした『絵本ライヴ』や、幼稚園でライヴを行うなど、活動の場を広げている。

2013年 4thALBUM『風を待つ地球儀』発売。渡辺善太郎氏をプロデューサーに迎え、新たな扉を開いた。



  2000年
  10月25日>
デビュー・シングル「以心伝心お月様」発売 
 
  2001年
 

1月〜11月>
衛星デジタルラジオ MUSIC BIRD で「妃野アキラの恋の処方箋」放送
自身の恋の話など喋りまくる。

 
  2月〜12月>
出身地京都のFM局、α-STATIONで「FANTASTIC MOON」のパーソナリティを努める。
「個人的宇宙研究所」なるコーナーで 1人熱く語る。
 
  <4月25日>
2nd.シングル「秘密のじゅもん」発売 
 
  7月25日>
3rd.シングル「言葉ひとつ」発売 
 
  7月31日>
「ぴあデビューレビュー」(渋谷 ON AIR WEST)に出演。
初のバンドライブ あまりの気持ち良さに放心。
 
  2002年
  1月23日>
4th.シングル「正しい場所」発売
※WOWOW連続ドラマ「Nail」主題歌TBS系TV「CDTV」2月度エンディングテーマ
 
  11月13日>
5th.シングル「声」発売
ジャケットのイラストを手掛ける
 
  2003年
  <1月22日>
1st.アルバム「プラグ」発売。 
 
  ー 傷も欲望もグツグツ煮込んで生まれた。とことんピュアな恋心。
  触れた瞬間、この淡い日常が紅く、紅く、染まった-。」
                    ROCKIN'ON JAPAN. 編集部 高橋美穂

ーいってみれば、とてもヘルシーな姿勢でダークな世界を追求している人なのだ。
  伸びやかで、かつヒリヒリしている ― それが妃野アキラの音楽のユニークさ。」
                    ROCKIN'ON JAPAN. Vol.239より 神谷弘一

ー歌詞と一体になった映像的なアレンジで、不条理な乙女心を立体的に描く手腕が見事だ。
  シアトリカルなボーカルの表情の豊かさも強烈なインパクトだ。」
                    weeklyぴあ No.986より
 
  10月>
上京後初の「プチ関西ツアー」を行なう。
持参したCDが見事に完売! 嬉し泣き。
 
  2004年
  3月29日>
ライブ会場とネット販売のみの手作りCD
ミニ・アルバム「ハダイロ」 「ニジイロ」2枚の作品を発売

 
  4月>
2度目の関西ツアーを行なう(全6公演)
持参したCDが足りなくなる!
急きょ東京から送ってもらい、少々ひんしゅくをかう。
おかげでなんとCD200枚完売!!嬉し泣き。

 
  8月>
初めての主催イベント
「唄う女 Vol.1〜夢見る鍵盤ナイト」開催。
引き出物やおつまみなど、もようし物など
あれこれ考え 張り切る。てんぱる。おかげで満員の大成功!

 
  9月10日>
ライブ会場とネット販売のみのミニ・アルバム
「ハダイロノアイ」を発売

 
  9月>
3度目の関西ライブツアーを行なう。 今回も大盛況!

 
  9月26日>
渋谷O-EASTのイベントのオープニングアクト に
抜擢される。
(出演:KOKIA/矢野真紀/坂本美雨 他)
あまりの気持ち良さにピアノ1本で熱唱。
ライブ終了後、CD売り場に人が押し寄せる。嬉し泣き。  

 
  11月>
主催イベント 「唄う女VOL.2〜はんなり古城系ナイト」開催。
今回は引き出物やおつまみの他に映像も手掛ける。
徹夜作業にいささか疲れる。おかげで大成功!
「やって良かったー」と、疲れを忘れる。
 
     
  2005年
  1月>
ライブ限定ユニット「ヒメマド」結成
手作りCD「カスミソウ」発売(限定発売)

 
  4月>
日比谷野外音楽堂 イベント出演
2000人の観客を前に大いに弾き唄う

 
  4月29日>
ワンマンライブ「ヒメコズミック」開催@7th FLOOR
満員御礼の盛り上がり!
まさに妃野アキラの音楽のビックバンと言うべきライブであった。

 
  <4月29日>
ライブ会場とネット販売のみのミニ・アルバム「カンバス」を発売


 
  6月>
ヒメマド第2弾手作りCD「恋の水平線」発売(限定発売)

 
  9月>
全国MINI STOPの店内放送で妃野アキラのコーナーがスタート

 
  10月>
九州FM局CROSS FM. 北海道FM局NORTH WAVEで、
「indees UP'S」と言う番組のパーソナリティ担当スタート
 
  音楽フリーペーパー「music UP'S」で連載コーナーがスタート
タイトルは「妃野アキラの これってどーなのよ!?」
日々納得いかない事などをシニカルに綴る
 
  2006年
  1月>
bay fm 「ネオストリームナイト」と言う番組内の「UP's live stream」 sun27:25~の
パーソナリティを担当スタート
 
  2月>
ホストイベント「UP's live stream vol.1」@O-crest開催!
 
  3月>
ヒメマド第3弾手作りCD「サンキューアイラービュー」発売(限定発売)
 
  4月>
先行CD「ハローハロー/喜びのポケット」を期間限定発売
 
 
  7月>
2nd ALBUM 「虹色アンプ」発売!
プロデューサーに片岡大志を迎えた今作は、キラキラと瞬くポップなアルバムとなった。
 
 
  2007年
  3月>
有明コロシアムで大いに唄う。
  NECレッドロケッツのサポーターとして、バレーの試合後のミニライブ。
 
  4月30日>
4月30日ワンマンライブ「ヒメコズミック〜ありがとうよろしく〜」開催@渋谷o-crest
満員御礼!クラプルーフとしての活動に移行。

 
  4月30日>
クラプルーフ1st mini album 「Glissando」発売!
ピアノトリオポップロックアルバム!!
 
 
  2007~2008>
1年間クラプルーフとして活動 !
 
  2008年
  5月>
もっと自由に!ソロ活動再開!
 
  <8月>
ヒメマド1st ALBUM POP OF THE YEAR 手売り&通販のみで発売
  レコ発ワンマンライブ@新宿marble
 
 

<11月>
ヒメノがモデルも務める洋服のブランドshurikenとのコラボイベント 
  五感Market vol.1〜下北沢店〜下北沢MOSAIC 開催。

 

 
  2009年
  <3月>
ヒメノがモデルも務める洋服のブランドshurikenとのコラボイベント 
  五感Market vol.2〜渋谷店〜@渋谷O-CREST 開催。
 
  <6月>
ヒメノがモデルも務める洋服のブランドshurikenとのコラボイベント 
  五感Market vol.3〜赤坂店〜@赤坂グラフィティ 開催。
NEW SINGLE『勇敢な鳥』先行発売開始!

 
  <8月>

NEW SINGLE『勇敢な鳥』全国発売!


 
  <7月~10月>
『hando to hando TOUR』
  名古屋/大阪/京都/神戸/広島/小倉/...........手渡しで届けるべく、西へ西へ。

  勇敢な鳥を物語にした絵本冊子をちびっこ限定で無料配布。

 
  <10月>
ワンマンライブ『ヒメコズミック〜ただいま〜』@高円寺HIGH
  色んな思いが溢れてしまう。2年半ぶりのワンマンライブ大成功。


 
 

<12月>
ヒメノがモデルも務める洋服のブランドshurikenとのコラボイベント 
  五感Market vol.4〜代々木店〜@代々木ザーザズー 開催。
1年を締めくくる素晴らしいイベントになった!

 
  2010年
 

<1月>
女性シンガーソングライター11人によるコンピレーションアルバム『If The Girls Are United』に参加
  


 
 

<4月>
10thワンマンライヴ第一弾『ヒメコズミック〜リクエストだよ!全員集合!』@赤坂グラフィティ


 
 

<6月>
  ヒメノがモデルも務める洋服のブランドshurikenとのコラボイベント 
  五感Market vol.5〜青山店〜@青山 月見ル君想フ 
 



 
 
  『hando to hando そうだ北へ行こうTOUR』
  新潟/岩手/仙台/秋田...........手渡しで届けるべく、北へ北へ。



 
  <10月>
  10thワンマンライヴ『ヒメコズミック〜10th Anniversary〜』@渋谷O-CREST 開催


 
  <11月>
  3rd ALBUM『ハジマリのまばたき』発売!

 
 

<10月〜2012年3月>
  FM NACK5 『おに魂』アーティストコーナーで『ヒメノアキラのメル友は宇宙人』を担当。
  個性的なキャラクターにも注目が集まる。


 
 

<11月>
  東北TOUR
  仙台/石巻/盛岡/釜石/秋田/新潟.......北へ。


 
  2011年
 

<4月>

  ワンマンライヴ『ヒメコズミック〜リクエストだよ!全員集合!』@赤坂グラフィティ


 
 

  東北には3ヶ月に1回のペースで唄いに行き、石巻のテレビ番組『イシなび』では書き下ろしソング
  『ギフト』が流れる。



 
 

<10月>
渋谷O-WESTにて、グランドピアノを入れての弾き語りワンマンライヴ
  『ヒメコズミック〜ピアノ1本勝負〜』開催!


 
 

<12月> 
  自主企画イベント『君が好き』渋谷O-CREST 開催(With篠原美也子さん)


 
  2012年
 

<4月>

  ワンマンライヴ『ヒメコズミック〜リクエストだよ!全員集合!』@南青山マンダラ 開催


 
 

  東北には3ヶ月に1回のペースで唄いに行き、石巻のテレビ番組『イシなび』では書き下ろしソング
  『花火』が流れる。

  石巻で行われた『第11回骨髄バンク「いのちの輝き展」』で歌を唄う。

<11月>
  自主企画イベント『君が好き』渋谷BOXXで開催(With 篠原美也子さん)

<12月>
  共同企画『凛々〜LiLi〜』スタート。
  (拝郷メイコ/しらいしりょうこ/ヒメノアキラ3人で2ヶ月に1回、1年間を通して開催していくイベント)

 
  2013年
  <2月.4月.6月.8月.10月>
  凛々〜LiLi〜開催@7th FLOOR (ゲスト:遠藤響子さん/篠原美也子さん/種ともこさん/原田知斉)

 
 

<4月>

  ワンマンライヴ『ヒメコズミック〜ヒメノカンタービレ』@室内楽音楽ホールsonorium開催。
  弦カルテットと打ち込みを融合した初めての試み。


 
  <10月>
  4th ALBUM『風を待つ地球儀』発売!
  渡辺善太郎氏を共同プロデュースに迎え、今までとは違った新たな扉を開いた作品となった。
  

 
  <11月>
  
ワンマンライヴ『ヒメコズミック〜太陽と月と星〜』@二子玉川KIWA
  

 
 

<12月>
 
 凛々ファイナル@渋谷O-WEST開催。

 
 

  プチワンマンライヴ『ヒメコズミック〜今年も皆さんお疲れさまでした〜』@下北沢SEED SHIP



 
  2014年
  <5月>
  初めての北海道〜札幌ファクトリー/コーチャンフォー美しが丘店/ムジカホールカフェ


 
 

<6月>
  
ワンマンライヴ『ヒメコズミック〜ヒメノカンタービレ第二楽章』@南青山マンダラ開催。
  弦カルテットと打ち込みを融合したワンマン。


 
  <11月>
  会場限定アルバム『have a song on your lips』発売!
  ピアノと唄。そこに少しの電子音とノイズ。シンプルな構成で録音されたアコースティックな7曲。
  ゴスペルやフォークにもチャレンジしたユニークな作品となっている。

 
  <11月>
  
ワンマンライヴ『ヒメコズミック〜ポケットに音楽を〜』@サローネフォンタナ
  お屋敷にある教会の様な小ホールでのワンマン。
  

 
 



 
  また幼稚園でライヴをするなど、活動の場を広げている。

そのソングライティング能力から、多大な賞賛を得ている希代のシンガーソングライター。